Difference

プチヴィと市販マウスピースの違い

「プチヴィの
オーダーメイドマウスピース」と
「市販のマウスピース」
何が違うの?

01フィット感

市販のマウスピース

市販のマウスピースは、お湯やレンジで温めて、歯に唇や舌で押して形を作るものが多いです。そのため、歯にぴったりとフィットさせることは、かなり難しい作業になります。

結果として、装着時の違和感が強く、継続して使用し続けることができなくなります。口の中でずれて外れてしまい、誤飲の可能性もあります。

また、ご自身の歯に合っていないマウスピースを使用することは、歯や顎に逆に負担をかけることもありますので、避けたほうが良いです。

市販のマウスピース
  • △ ずれたり、外れやすい
  • △ 歯や顎に負担を
    かけることがある

プチヴィのマウスピース

プチヴィのあなたの歯に合ったオーダーメイドのマウスピースは、ご自身の歯にしっかりとフィットしたものとなります。

そのため、口の中でずれたり外れることは無いので、違和感が少なく、継続してご利用していただきやすいです。

マウスピースが口の中でずれることが無いので、歯や顎に負担を異常な負担をかけることなく、しっかりと歯ぎしり・食いしばりを軽減できます。

プチヴィのマウスピース
  • ◎ ずれたり、外れない
  • ◎ 歯や顎に負担がない
  • ◎ 歯ぎしり・食いしばり軽減

02顎への負担

市販のマウスピース

市販のマウスピースは、すべての歯を覆うタイプと、奥歯専用のものがほとんどです。

どちらのタイプも、奥歯が噛み合うため、睡眠時に無意識に強い力で食いしばりをすることができます。

マウスピースにより上の歯と下の歯が触れないため、歯の摩耗を軽減することはできますが、噛む力による顎や頭・首・肩への負担は軽減されません。

市販のマウスピース
  • △ 噛む力による顎や頭・首・
    肩への負担
    は軽減されない

プチヴィのマウスピース

プチヴィのマウスピースは、あえて奥歯を覆わない、形状となっています。この形状により、奥歯が触れ合わないため、強い力での食いしばりを防ぎます。

その結果、顎への負担、また噛む際に同時に使われる頭・首・肩の筋肉への負担が軽減されます。

プチヴィのマウスピース
  • ◎ 噛む力による顎や頭・首・
    肩への負担
    が軽減される

市販のマウスピースは安価ではありますが、

  • ・違和感が強くて継続利用できない。
  • ・歯にしっかりはまらず、口の中でずれて、飲み込んでしまう恐れがある。
  • ・歯に合わないものを無理に使用したため、逆に歯や顎に負担がかかる。
  • ・奥歯による強い噛みしめは軽減されないので、顎や頭痛・肩こりへの効果は期待が薄い。

というデメリットがあります。
ぜひ、プチヴィのオーダーメイドマウスピースをお買い求めください。

ホームへ戻る

ご購入はこちら ご購入はこちら